エンジョイ勢でも勝ちたい!

馬券エンジョイ勢でもプラス収支達成できると証明したい

MENU

ウイニングポスト9 レビュー

 色々コラム的なものを書いたりとか、ブログ更新頻度をあげていきたいと思いつつ、毎日の様にウイポやってしまって、サボりがちだった。

 とりあえず2週やって2回エンディング見るくらいにはやったので、レビュー書いていく。そんで気持ち的に一区切りとしたい考えだ。

 

 筆者は、ウイポを初代無印のSFC移植版からはじめ、2、3、4、5、7とやってきた。(確か多分おそらくきっと。6と8はやってねーと思う)初代とか、2とか、中学生時代のなけなしのこづかいでよお買ったなあ……。

 

 しかしまあ、9のシステムや配合理論はある程度7から踏襲されているのかなと思ったので、主に7との比較になっていく。初代と9どっちがいい? とか言われても最早別ゲーすぎて何とも言えん。

 

 それでは、以下レビュー。

 

ウイニングポスト9のいいところ

 芝適性という予想の追加。血統に、日本型、米国型、欧州型みたいなのが追加され、血統構成によって、軽い芝向きか重い芝向きかという要素が追加された。

 なので、7だと、強い馬はとにかくキングジョージ! 凱旋門! BCターフ! なんなら3歳時に欧州三冠! て感じだったが、今作では血統が欧州型じゃないと、欧州戦線では苦戦を強いられる。そのへんはけっこう意識的にやってく必要があり、適当にやってると軽い芝向きの馬ばかりになりがちなので、軽く難易度あがってるけど、パラメータさえ高けりゃ世界中で無双できてたこれまでよりもいい調整だなと思った。

 

 あとはとくにない。以下、わるいところ。主に改悪点となる。

 

ウイニングポスト9のわるいところ

絆コマンド

 どれからあげていこうかと思ったが、まずは、今作を象徴し、そして最大の改悪であるこの、絆コマンドの追加をあげる。

 これはいわばドーピングである。ゲーム難易度を下げ、ゲームバランスを崩壊させ得る。チートコマンドと言ってもいい。

 まあライトに俺ツエープレイをしたい人にはいいかもしれないが、配合理論を詰め込むために血統構成考えて代を重ねていく……というウイポの醍醐味たる部分を楽しみたい人には無用である。

 使いたくなければ使わなければいいのだが、最大の問題は、この絆コマンド獲得のために、いちいちことあるごとにしょっちゅう毎回同じイベントをいつまでもいつまでも見せられ続けることだ。これを考案した奴と、実装にOKを出した奴に、実際プレイさせて小一時間問い詰めたい。これ、いるぅ? と。

 いちおうショートカット機能はあって、一度獲得した絆コマンドに関するイベントはショートカットできるのだが、何故か、全てではない。毎年1月1週と6月1週に必ず、誰だよ? ていうやつが訪問してきて強制的に絆コマンド渡されるし、GⅠレースに勝ったときに一定の条件満たしていると誰かしら出てきて勝手に喋ってコマンドを渡してくる。

 テンポが悪くなることこのうえない。今作最大の改悪、失敗といえよう。

 

クラブ設立ができなくなった

 やっていて、そういやクラブ設立の話来ねえなと思っていたら、どうやら削除されていた。何故に? おかげで、自牧場で溢れ返った素質馬たちは外売りするほかない。

 

ライバル馬

 このシステムも不要。ライバル馬に勝つことで繁殖入り後のボーナスがあるとか? やってて実感0である。これも絆コマンド同様、しょっちゅうイベントが起こるせいでテンポが悪くなる。メニュー画面のすみから、その年その年でのライバル相関図みたいなのが見られるようになっているが、だから????? である。

 

操作性の悪さ

 自分はswitchでやってるのだが、しょっちゅうコマンドミスするというかなんというか……。ていうか、アクションゲームじゃないのに操作性ってなんやねんという話だが、操作性が悪いのだ。

 オート進行はこのゲームの要だと思うのだが、ボタンひとつでできないのもユーザーのことをわかってないように思える。前からこうだったかなあ?

 

調教師がアホ

 ダート適性があって、2歳時に全日本2歳優駿を勝つと、必ずと言っていいほど、次走ユニコーンSまで間隔があるので17週の放牧、を勧めてくる。いいですか? って、いいわけねーーーだろ!!

 これって前からそうだったと思うが、さすがにもう、このプログラム不要だと気付けよ。

 まあ、藤枝のクリスタルカップを思えばまだマシと言えなくもないが。

 

牧場施設を選ばないといけない

 拡張、新設可能な牧場施設に数の限りがある。そして一回作ると取り消せない。選択ミスったと思っても、周回プレイしない限り作り直せない。進めていくとどうせ数百億数千億所有する富豪になって金は増えるばかりなのだから、気に入らなかったらいくらでも作り直せるようにすればよかったのに。ていうか、初期プレイに制限を設けるだけの、金という概念て、競馬ゲームにおいて不要だと思うんだが……。

 

相変わらず1年に2つ以上系統確立しない

 多分だが、今作も、条件を満たしていても、1年に2つ以上系統確立のイベントが起きない。そして、次の年で条件を外れてしまったら、おそらくイベントフラグが消失してしまう。これ、こういう仕様にする意味あるのか?

 

開始年の変更

 ゲームの開始年がシンボリルドルフが3歳の年から、トウカイテイオーが3歳の年に変更された。

 これに関しては個人的に思うことだが、前までのほうがよかった。前のほうが、周回プレイ時に、リファールやニジンスキー、たしかレイズアネイティヴなんかも種付けできて、楽しかった。今作にしても、ダンジグやサドラーズウェルズを種付けできるわけだが、より古い、伝説クラスの馬を、ゲームの中でとはいえ、自牧場の繁殖馬につけられるというのはワクワクするものがあった。

 

 

 他にもいろいろあったと思うが、いま思いついたのはこれくらいだ。

 

 

総合おすすめ度

5点中2点

 

 シリーズの過去作、特に7ないし8をプレイして遊びつくしたような人には、全くすすめられない。

 なんだかんだ面白いは面白い。しかし、コーエーの手法として、年が変わるたびに追加要素やらなんやらで、最初はわざと不完全で出し、後から完成させるいわば完全版商法があるので、9というナンバーを買うなら、2,3年後でいいと思う。

 しかし9を象徴する絆コマンドの削除ということは、10にならない限りないだろうから、正直、7、8を持ってる人は10が出るまで見送っていいと思う。

 

 好意的に見るならば、単に自分の思い通りに馬を活躍させ、思い通りに系統確立など血統を構築していきたいのなら、絆コマンドでドーピングしていけば、過去作よりやりやすいので、臨場感や難易度を求めていないなら、悪くはない。