エンジョイ勢でも勝ちたい!

馬券エンジョイ勢でもプラス収支達成できると証明したい

MENU

菊花賞 出走馬チェック

菊花賞 GⅠ

京都芝3000m外回り

 

乗り替わりがある馬

ニシノデイジー 勝浦→ルメール

カリボール デムーロ→藤井

ヒシゲッコウ ルメール→スミヨン

メロディーレーン 岩田息子→坂井

ヴァンケドミンゴ 石橋→藤岡兄

カウディーリョ 藤岡兄→デムーロ

サトノルークス 川田→福永

 

斤量が重くなる馬

※全馬そうだが、前走条件で違い。2キロ以上増の馬を挙げる

カリボール 2キロ増

ディバインフォース 4キロ増

ヒシゲッコウ 3キロ増

メロディーレーン 6キロ増

ヴァンケドミンゴ 3キロ増

カウディーリョ 3キロ増

ホウオウサーベル 3キロ増

 

考察

 ぱっと見、やはりニシノデイジーの乗り替わりは注目。悪いが鞍上超強化。後方策が多かったが、出していってあっさり折り合ってあっさり抜け出すとか想像できる。

 前々から言っているが、夏の条件勝ち上がり組の信頼度はあまり高くないと思っている。春の実績があって近走不振で人気落ちの馬のほうが、伏兵を探す分にはいいと思っている。

 

 
競馬ランキング