エンジョイ勢でも勝ちたい!

馬券エンジョイ勢でもプラス収支達成できると証明したい

MENU

回収率向上大作戦! 【単複について】

 

 カテゴリ(過去記事)内の、単複について、のリライトである。

 

単複馬券とは

 言わずもがな、単勝と複勝を同時に買う馬券法だ。

単複馬券のメリット・デメリット

 これは個人的見解だが、単複馬券を買うより、単勝か複勝のどちらかに絞るべきだと思っている。

 単複馬券でプラスになるのは、当然だが単勝が当たったときである。単勝を当てることを前提とするなら、複勝に投じている分を単勝に入れたほうが儲けが大きい。

 複勝を同時に買うことで、本命が惜しい2着になったときなどにいくらかは戻ってきて負けは少なくなる。穴馬ならプラスになることもある。だったら、単勝分を複勝に入れれば、やはり儲けは大きくなる。

 この二つは、自分の馬券傾向を把握したうえで、どちらを選択すればいいかを考えればいい。

 

blog.e-keibawin.work

  自分の単勝的中率がいいなら単勝でいいし、1着を当てるのが下手だが3着当てるのばかりやたらうまいとかなら、複勝にすればいい。

 

 が、そんなことを言っている筆者自身、単複はよく使う。

 言ってることとやってること矛盾してるやんけたわけ! と思うかもしれないが、そうでもない。

 筆者の場合、複勝は精神安定剤なのである。

 

 情けない話、単勝に絞って買ったほうが効率がいいと理解しながらも、惜しい2着などで払い戻し0円というのが悔しいのだ。

 レースを見ていて、アタマはもう無理でも、せめて3着内! と思えば少しは気が楽だ。

 複勝も買っておくからこそ、単勝が買いやすいという心理もあるかもしれない。

 

 で、これを前置きとして、単複馬券のメリット・デメリットだが、文中で示したように、単勝でそれなりに配当がつくのと同時に、複勝で3着までフォローできる一方、儲けが減る。ということになる。

 単勝目線、複勝目線で言い方は少し変わる。

 単勝と同時に複勝を買うことでリスクヘッジになる。

 複勝と同時に単勝を買うことで、1着時に配当が跳ねる。

 メリット・デメリットを理解し、自分の馬券傾向を把握したうえで、どうするか決めればいい。

 

資金配分はどうするか

 1:1でいい。

 これだと複勝のみ的中のときはほぼガミる。だがそれでいい。どうせ単勝が当たらない限りは大して儲からない買い方なんだし、複勝のみのときはその分だけ帰ってくればよしとする。

 もちろん、個人的見解なので悪しからず。

 1:2とか、3:7とかがよく推奨される。それは複勝のみの的中時でもなるべくトリガミにならないようにするためであろうが、無駄に購入資金が増える(3:7にいたっては最低1000円購入が前提だ)し、せっかく対象馬が1着にきても、複勝を厚く張っているためにうまみが減る。

 そんな買い方をするくらいなら、それこそ1:0か0:1にすべきだし、なんなら2:1とかで単勝を厚くしたっていいくらいだ。複勝意味なくね? と思うかもしれないが、複勝は精神安定剤とするのであれば、10:1でも100:1でもそれなりの意味はある。

 

まとめ

 本来、単勝複勝はどちらかにすべき

 単複における複勝は精神安定剤

 資金配分は1:1

 勝てるかどうかはあなた次第

 

 

読んで頂きありがとうございます。応援クリックよろしくお願いします。

 
競馬ランキング