エンジョイ勢でも勝ちたい!

競馬予想、競馬コラムなど

人狼ゲーム【映画】観たので感想とか めっちゃネタバレします

とりあえずキャラ紹介

1、主人公女

 うじうじしてる。ゲームやる気ない。不貞腐れてるときのウザ顔はなかなかナイス。切れるアタマは持っているようで、やる気出して能力全開だったら人狼にとっては脅威だっただろう。

 途中からは吹っ切れたのか、投票や処刑にも最初よりは積極的だった。

 最後の人狼は自分に優しくしてくれていた男だったが、その男を処刑する際、後ろから背中を押すなど、冷酷でさえあった。

 生き残ってゲームに勝利するが、テレビには前半戦終了の文字。後半戦へ進むことになる。後半戦では人狼に選ばれ、ある種決意したかのような表情で他参加者の前に立って幕。

 

2、主人公の友達

 ゲーム参加拒否で死亡。活発な性格だったっぽい。彼女が早期退場していなければ展開は大きく違った。

 

3、メガネ男

 ネットで物申すマン。リアルでも割と発言する。ゲーム解決には積極的。ツイッターの過激発言で主人公女に嫌悪されていたが、別にいい奴そうだったし、簡単な計算とはいえ犠牲者の中から残りの人狼が何人いるかの確率を割り出そうとしたり、シリーズ中トップクラスに有能だったぽいし、最も論理的に行動しようとしていた。

 

4、一番美人女

 淡い緑っぽいチェックシャツ。タンクトップが透けて見えて、おっぱいないけどなんかエロい。意外と勝ち気でゲームにも積極的。何故なら人狼を引いてしまって、妹を守りたかったから。村人側である妹を助けるために、最終的に自分が犠牲になるつもりだった。

 

5、一番美人女の妹

 反抗期。ゲームには消極的。友達がほしかったのか主人公女に話しかけて仲良くなる。姉に反抗しまくってたが最後にはしがみついて泣きじゃくっていた。カメラアイの持ち主。村人側でいて、はじめからゲームへの理解があったら人狼にっとって最大の脅威になり得た。

 

6、ヤンキー女

 うるさい。バカ。ゲームになんの貢献もしていない。わめくだけわめいてあっさり人狼に殺されて退場。

 

7、Xトシに似てる男

 うざい。態度悪い。最後のほうはちょっといいやつ。生き残って後半戦進出だったら頼もしかったであろう。

 

8、青っぽいチェックシャツの男

 優男だがいきなり人を煽る。策を弄したせいで真っ先に血祭りにあげられる。カードゲームのプロプレイヤーらしい。

 

9、主人公女に肩入れする男

 何故か主人公女に優しい。人狼として割とうまく立ち回っていた。自分以外が人狼と疑われてるときもかばう発言をしてたり、巧妙だった。美人女とともに2回目の出場だったので、そのあたりは心得ていたのかも。主人公女に優しくしてたのは、人狼として殺人をしなきゃいけないことへのせめてもの贖罪の気持ちの現われか。

 最後の襲撃の際、武器が用意されていたにも関わらずそれを使わず、襲撃対象の反撃を受けたと思われる傷を負っていた。状況的に、それがなければまだ、俺は人狼じゃないと言えなくもなかったはずだが、あえて武器を使わなかったのは、人狼として裁いてほしかったからか、罪の意識からなのか。

 

10、鬼太郎。影が薄い

 確か人狼の最初のターゲット。なにもできずに退場。

 

映画の感想

 シリーズ第1作目。主観映画てわけではないですが、あえて画質を落として、移動シーンなどは手振れ感を出すことで臨場感を出しています。

 主人公女が終盤直前までうじうじしててひたすらやる気ないので、観ててイライラする人はいるかもしれません。人狼ゲームの本質外で友人を極めて理不尽に亡くしているので、無理からぬところではあります。ゲームに参加しない態度を、他の人になじられることもしばしば。

 最後のほうはやる気出して、毒薬を率先して作る積極さ。

 美人女妹ともに生き残り後半戦進出。二人の後半戦での活躍を見たいですが、残念ながら直接の続編は制作されていません。二人とも人狼にさせられていたので、どう立ち回っていくのか見ものなんですが。

 

 役者の皆さんの演技はなかなかのもの。ていうか日本人役者は泣く訓練しすぎなんじゃないかと思うくらい、すっと涙を流すのがすごい。

 

 全体的にはいい映画だったと思います。村人側も人狼側も良心の呵責があって、クズらしいクズはいなかったのもよかった。ヤンキー女だけは退場時にうるさいのいなくなってよかったと思いましたが。(こういう謎解き系の話でうるさいだけのキャラはみんなを窮地に立たせる危険人物なので)

 

映画の得点(個人の主観)

キャラクターの良さ ☆4

ストーリーの良さ ☆4

人狼の良さ ☆3(終盤しか正体明かされないので判定しづらい)

主人公女の可愛さ ☆3(ただし美人女は☆5)

総合 ☆4

 

 割とおススメできる映画でした。

 

阪神大賞典 予想します

 阪神の芝も内前有利っぽいですが、3000mという距離なので過去成績からの逃げ経験にはこだわらなくてもいいかもしれません。

 

 菊花賞馬キセキが参戦。海外遠征後に有馬記念5着。それ以前もGⅠで安定してましたし、実績は断然。でも当然オッズは安いです。

 

 キセキ以外となると、重賞勝ちのあるユーキャンスマイル、ムイトオブリガード、ドレッドノータス、連勝中のボスジラ、前走重賞2着のメイショウテンゲンなど。

 

 

 阪神芝3000て、この阪神大賞典でしか使われないコースなので、過去傾向見るにしてもサンプル少なすぎるんですが、過去10年の阪神大賞典見るに、父サンデー系母父ノーザンダンサー系がいい感じ。

 

 該当するのはメロディーレーンとメイショウテンゲンのみ。

 メロディーレーンは53キロでも重いかもしれないんですけどね。現在最低人気のドレッドノータスとの比較からすると人気しすぎです。

 

 菊花賞はともかく、ステイヤーズS以降長距離戦での適応を見せているメイショウテンゲンを本命にしときます。

 

◎メイショウテンゲン

スプリングS 予想します

 芝の状態が思ったよりよいのか、内前有利傾向です。直線だけでごぼう抜きはまず無理で、コーナーもロスなく回りたい。

 

 ここもキズナ産駒狙いや! と言いたいとこですが、いませんね。

 

 なによりも展開が鍵となりそうで、どの馬が逃げをうつのか。

 ここまで全部逃げてるという馬はいません。前走逃げはアオイクレアトールがいますが、武騎乗でしたし、スタートが決まったのでそのままいっちゃえというだけの感じに見えます。

 シルバーエースが2走続けて2番手競馬なので、先行するんですかね?

 

 断然人気ヴェルトライゼンデは池添騎乗ということで、突発逃げも打てる騎手ですし、ここは落とせないと思っているならそれもあるかも。

 ただ、賞金的に皐月賞もダービーもクリアしてるはずで、陣営の本気度はそんなにないかもしれません。

 

 賞金欲しいのは2勝できていない馬。特に、前述しましたがアオイクレアトールは惜しい競馬を続けながらのここなので、ここは上位にきたいはず。

 

◎アオイクレアトール

 

 それからいちおう、コース的に母父サンデー系が圧倒的なコースなので、ココロノトウダイやラグビーボーイあたりも注意しておきたいです。

若葉ステークス ちょっと期待しました

 キズナ産駒4頭狙い。全部単勝買っておきましたが、10番人気63.1倍のキメラヴェリテが2着と頑張ったものの不的中。

 大外から、スタートそのものはよくありませんでしたが、逃げ体勢に入りかけたアルサトワを制してハナを主張したキメラヴェリテ。馬場を鑑みた好騎乗だったし、現状ダート馬で芝適性に不安があったうえではいい作戦だったと思います。

 

 アドマイヤビルゴが全てを上回っていましたね。若葉ステークスレコードなんですかね? 好時計勝利。

 ハイレベル混戦ということで注目されている皐月賞に、またしても有力馬が登場しました。

 2着キメラヴェリテを参戦するとなるとさらに面白いですね。 

若葉ステークス 予想します

 重賞ではないですが、皐月賞に向けて少し重要なオープン戦なので、ちょっと予想。

 

 といっても、ここでもキズナ狙いやってみます。

 しかし4頭いて、うち3頭がダート勝ち上がり。大丈夫なのかこれは……。まあ人気ないので、少額ずつ押さえましょうか。

 ナムラカミカゼ、ハンメルフェスト、オールザワールド、キメラヴェリテの4頭ですね。

 

 とはいえ、近藤利一氏の忘れ形見アドマイヤビルゴは注目です。

 初戦の2、3着馬もすぐに勝ち上がっていてレベルは低くはなさそう。2勝馬がほとんどおらず、いても1200勝ちだったりダート勝ちだったりするメンバーなら、チャンス大きそうですね。

痛恨のキズナ違い【フラワーカップ】

◎ショウナンハレルヤ 12着

 

 直線でポレンティアとドカドカぶつかって終了!

 狭かったですが一頭分のスペースがあり、さあここだ! というところで横からぶつけられて進路取れず。ポレンティア池添からしたら自分だってそのスペースがほしいし、ラフには見えましたがレースの流れですししかたなし。ただ、じゃあ勝ってくれよおおとは思います。

 

 そして、勝ったのはキズナ産駒のアブレイズ。

 

 キズナ産駒狙いや! は当たっていたのに、申し訳ないけど藤井騎手で切ってしまいました。池江厩舎も遠征時の成績案外よくないんですよね。それがまさかの12番人気勝利。

 前はかなり飛ばしているようでしたが、意外と一日通して前は残る馬場だったので、それが正解だったのでしょう。

 

 79.3倍を取れるチャンスだったのですが……。一点買いにこだわらなければってところですが、自分の選択だしやむをえません……。

フラワーカップ 予想します

 引き続きAコース。はっきりと、コース内側に傷みがあるという文章。画像からも相当内側の芝は削れていて、茶色くなっています。

 先週土曜に大雪の中での競馬となって、そこで大分傷みました。ただ、晴れた日曜は、極端に外差しって感じでもなく、内めを通る馬もまだいました。芝がなくなったところが先に乾いたのではと言う説もあります。

 今日はどうなるか、メイン前の芝レースに要注目です。

 

 現在人気は、やはり割れています。そしてやはり2勝馬が人気の中心ですね。あとは藤沢ヒューイトソンのレッドルレーヴと、重賞3着のポレンティア。

 レッドルレーヴは大外なのもあってか思ったよりは人気していません。

 

 キズナ産駒の活躍著しく、ここも狙いたいです。

 クリスティは前走で降したアリストテレスがオープン戦でも2着に入る馬なので、その比較から買いやすいです。が、人気してるのが玉に瑕。

 

 キズナ産駒はあと2頭いて、ショウナンハレルヤとアブレイズ。

 ショウナンハレルヤは2勝馬ですし、人気してますが、アブレイズは全然人気なし。

 なりふりかまわずキズナ産駒狙いなら人気のないアブレイズでいいんですが、アタマ狙いで本命打てるかというとちょっと。

 2週連続重賞勝ちの田辺騎手に賭ける手はありますが、前回10番人気での勝利。今回は人気順で言うと5番人気くらいですが、前回との比較でいえば期待値は下がっています。といっても、前回が評価されなさすぎだっただけで、今回がむしろ適性なのかも?

 

 悩みどころですが、ほどよいオッズで、輸送なく、田辺×矢野のジェネラーレウーノのコンビということで、ショウナンハレルヤを上位にとってみます。

 

 これでクリスティが勝ったら苦く笑います。

 

◎ショウナンハレルヤ